早期発見早期治療のため|月に1回パノラミスお忘れなく。~愛犬守る魔法のお薬~

早期発見早期治療のため

瓶から出ている錠剤

トリコモナスにならないためには、トリコモナスの感染経路を知り、しっかりと予防をすることが大切です。しかし、予防をしていれば確実に感染しないか?というと、そういうことではありません。いくら気を付けていても目に見えない病原体による病気なので、どうしても感染してしまうことはあるでしょう。
そうした場合でも、症状を知っていれば早期に病院へ行くという対応をすることができます。そこで、男女で現れる症状についてお教えします。

女性の場合は、排尿痛、性交痛、おりものの増加、ニオイが強い、色が黄色くなるというような症状が現れます。比較的分かりやすい症状です。
男性の場合は尿道のかゆみや排尿痛、射精時の痛みなどがあります。男性の場合は特に賞状を感じにくいと言われていますので、感染していることに気づかない場合があります。
しかし、トリコモナスに感染していることを気づかずに居るとあなたが原因で感染者を増やしている恐れがあります。
そのため、少しでも違和感があれば、病院で検査を受ける必要があります。

自分は大丈夫だろうと思っていても、案外検査を受けると感染しているということは多いです。そのため、思い当たる感染経路がないという場合でも、定期的に検査を受けておくお良いでしょう。
性病というのは、感染経路を知って予防することが大切です。ですかが100%防げるわけではないので、早期発見早期治療できるように知識を蓄えておくことが大切です。